印刷

インクジェット出力の解像度について

投稿日:2016年11月13日 更新日:

Pocket

img_5333

みなさん、インクジェットプリンターは使った事ありますよね?
EPSONとかCanonとかが主に出してる家庭用プリンターでお馴染みのアレです(笑)

よく大判インクジェットでポスターやパネルを出力する際に、解像度がたりないけどどうしましょうって聞かれるのですが、大判インクジェットプリンターの場合は350dpiも要らないんです!

スポンサーリンク

なぜかって。

  • インクジェットはにじむので解像度は100dpiも有れば充分なんです。
  • ポスターやパネルの場合、印刷物と違って離れて見ますよね。ですので、画像自体は多少粗くても分からないのです。

しかし、ポスターをオフセット印刷する場合は違います。必ず350dpi以上あるか確認してください。しかし、どうしてもそんなに大きな画像が無いって場合は200~300dpiでも大丈夫です。この辺りの話はまた後日触れる事にします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-印刷

執筆者:


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

カンプ

カラーの仕上がり見本の事で、カラーカンプともいう。クライアント(発注主)にデザインを確認してもらうために中身にはダミー原稿を入れて作成する場合や、すべて実際の原稿で組版を終え、製版・印刷工程に入る前の …

no image

オンデマンド印刷

顧客の受注を受けてから、必要な部数だけを印刷するシステムの事。従来はコストと納期の問題で難しかったが、DTPシステムの発達とデジタル印刷機によって少部数からの高精細印刷が可能になった。 このデジタル印 …

イメージセッタ

ページレイアウトソフトなどで作成したデータから、製版のためのフィルムや印画紙を出力する装置。通常、PostScript RIPが接続されており、ラスタライズされたイメージデータを1,200~4,000 …

行間・行送り

文字は字間にアキがないベタで組んでいくのが基本だ。ただし、これは同じ行の中での話で、行と行との間はベタにはしない。必ず行間を空ける。この行どうしの送りを特に行送りという。版面を決める際、覚えておくこと …

no image

折丁(おりちょう)

ページものの印刷物の場合、8ページ、16ページ、32ページなどの単位でまとめて印刷される。この単位を折といい、実際に折った時にページが順番通りに並ぶ様に配置されている。この折った状態の事を折丁という。 …

サイト内検索

クリックしていただけると助かります


デザイナーランキングへ にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

2018/07/30

オリジナルTシャツを簡単に作れるTシャツトリニティ

気軽にTシャツを作りたい!そんな思いを簡単に実現出来てしまうサイトがあります。 Tシャツトリニティ Tシャツトリニティ このTシャツトリニティは、パソコンやスマートフォンからでも画像を用意するだけで簡 …

2018/07/27

簡単!Photoshopで太陽を作る方法

猛暑が続くので、それにちなんで太陽のネタを書こうと思います。 以外と知らない!?Photoshopで太陽の作り方 晴れた写真を撮ると太陽の光が強すぎて、青空だったはずが、空が真っ白に飛んでしまうこと、 …

2018/07/20

ウォータープルーフ対応Bluetoothスピーカー JBL FLIP4を買ってみました

毎日、猛暑日が続きますね!そんな夏本番を楽しくする、便利なガジェットをご紹介します! どんなシーンでも使える便利なBluetoothスピーカー JBL FLIP4です。 ちなみに、なにかと話題のスマー …

2018/06/24

35mm版(さんじゅうごみりばん)

一般的なロールタイプの写真フィルムサイズ。35mmフィルムがかつてライカに採用され全世界に広まったことから、このサイズのフォーマット(縦3.6 cm×横2.4 cm)をライカ版と呼ぶこともある。1カッ …

2018/06/24

三原色(さんげんしょく)

割合を変えて混ぜ合わせることで、あらゆる色を表現出来る3つの基本的な色のこと。光の三原色は、RED(赤)、GREEN(緑)、BLUE(青)であり、全てを混ぜ合わせると白(本当は透明)になる。また、イン …

スポンサーリンク