チラシを作ってみよう

初心者でも出来る!チラシの作り方(第2回)

投稿日:

Pocket

前回はアートボードとトンボの作成までを書きました。
次はロゴや奥付(住所など必要最低限の情報を入れる場所)を配置していきます。

その前に版面(はんづら、はんめんと読みます。)を決めてしまいましょう。聞きなれた言葉ではマージンなんて呼んだりもしますね。

デザインは制約をして行く作業でもあるのです。お客さん側の決まり事、自分の中の決まり事を決めて行く事で自由度がどんどん減っていきます。その制約の中で必要要素をどのように入れたら分からわかりやすく伝わりやすいかというのを考えて行く作業がグラフィックデザインを素早く組み上げるコツです。

スポンサーリンク

さて、では版面を作って行きましょう。
今回はサイズがA4なのでまずは長方形ツールでA4サイズ210mm×297mmを作成します。場所はトンボ作成時に作ったアタリ罫と同じ位置にします。効率よく、正確にやる場合は、前回ロックしたレイヤーを一度外し、アタリ罫をコピーし、再度レイヤーはロックします。
レイヤーパレットで下のレイヤーを選択しcommand+B(再背面にペースト)これで先程の様に1から作る必要が無くなりました。ただし、トンボが一緒に適用されているので、アピアランスパレットからトリムマークを削除しておくのを忘れないでください。

さて罫線が出来たら、それを選択しオブジェクト→パス→パスのオフセットを適用します。すると値を求められるので-10と入力してOKをします。内側に天地左右10mmの版面を持った罫線が出来ましたね。これを今度はcommand+5でガイドにしてしまいましょう。設定でガイドのロックの状態になっていれば、触れないけどオブジェクトの吸着などもしてくれるガイドを作成出来ましたね。

では今回はここまでにします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-チラシを作ってみよう

執筆者:


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

初心者でも出来る!チラシの作り方(第1回)

チラシやフライヤーは世の中で圧倒的に多い媒体です。そして、デザインのやり方を語る上でとてもわかりやすい題材かと思ったので、何回かに分けてチラシの作り方を書いて行こうかと思います。初心者にもわかりやすい …

初心者でも出来る!チラシの作り方(第3回)

さて前回は版面(マージン)を作成するところで終わりました。これでほぼ下準備は完了です。 ここからは決まり事、企業で言えばCIやVIが存在します。企業のCIやVIにはレギュレーションといってロゴや住所の …

2018/07/30

オリジナルTシャツを簡単に作れるTシャツトリニティ

気軽にTシャツを作りたい!そんな思いを簡単に実現出来てしまうサイトがあります。 Tシャツトリニティ Tシャツトリニティ このTシャツトリニティは、パソコンやスマートフォンからでも画像を用意するだけで簡 …

2018/07/27

簡単!Photoshopで太陽を作る方法

猛暑が続くので、それにちなんで太陽のネタを書こうと思います。 以外と知らない!?Photoshopで太陽の作り方 晴れた写真を撮ると太陽の光が強すぎて、青空だったはずが、空が真っ白に飛んでしまうこと、 …

2018/07/20

ウォータープルーフ対応Bluetoothスピーカー JBL FLIP4を買ってみました

毎日、猛暑日が続きますね!そんな夏本番を楽しくする、便利なガジェットをご紹介します! どんなシーンでも使える便利なBluetoothスピーカー JBL FLIP4です。 ちなみに、なにかと話題のスマー …

2018/06/24

35mm版(さんじゅうごみりばん)

一般的なロールタイプの写真フィルムサイズ。35mmフィルムがかつてライカに採用され全世界に広まったことから、このサイズのフォーマット(縦3.6 cm×横2.4 cm)をライカ版と呼ぶこともある。1カッ …

2018/06/24

三原色(さんげんしょく)

割合を変えて混ぜ合わせることで、あらゆる色を表現出来る3つの基本的な色のこと。光の三原色は、RED(赤)、GREEN(緑)、BLUE(青)であり、全てを混ぜ合わせると白(本当は透明)になる。また、イン …

クリックしていただけると助かります


デザイナーランキングへ にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。