DTP用語集 Photoshop

色分解(いろぶんかい)

投稿日:

Pocket

カラーのイメージを、それを構成している色の要素に分ける事。オフセット印刷では、通常CMYKの4色それぞれの版を作るため、オリジナルのイメージをこの4つの色に分解する必要がある。特色(スポットカラー)を使用している場合には、さらに版の数も増える事になる。デジタル化された現在ではデジタルカメラで撮影したRGBデータをアプリケーション(Photoshopなど)を使ってCMYKデータに変換することを色分解と呼ぶ。カメラマンはこの処理を現像と呼ぶことが多い。 CTPでは色分解されたイメージをそれぞれの色ごとに刷版を出力し、印刷工程へとまわされる。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-DTP用語集, Photoshop
-

執筆者:


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

デザインやDTPをやる為に必要な環境

私がどんな環境で仕事をしているか、どんな環境が無いと仕事が出来ないか、意外と知らない事までまとめておきます。 デザインやDTPに必要な環境 Mac モニター フォント Adobe Creative C …

no image

カーニング

文字と文字の間隔を詰める(または広げる)こと。InDesignなどのページレイアウトソフトやIllustratorにはこの為の機能が装備されており、手動で特定の位置のカーニングを設定する事が出来る。ま …

グリフ

字形。文字の実際の形のことで、フォントを構成する要素の一つ。字形とは、文字通り、デザインされた文字の形状そのもののこと。一方字体というのは文字の骨格のようなもので、デザイン的な要素は含まれない。また、 …

インクジェットプリンタ

細いノズルからカラーインクを紙に吹き付けて印刷を行う方式のプリンターのこと。比較的低価格ながら近年ではクオリティも向上しており、コンシューマー向けの製品でも、専用紙を使えば本物の写真に近い品質のカラー …

カンプ

カラーの仕上がり見本の事で、カラーカンプともいう。クライアント(発注主)にデザインを確認してもらうために中身にはダミー原稿を入れて作成する場合や、すべて実際の原稿で組版を終え、製版・印刷工程に入る前の …

2018/06/24

35mm版(さんじゅうごみりばん)

一般的なロールタイプの写真フィルムサイズ。35mmフィルムがかつてライカに採用され全世界に広まったことから、このサイズのフォーマット(縦3.6 cm×横2.4 cm)をライカ版と呼ぶこともある。1カッ …

2018/06/24

三原色(さんげんしょく)

割合を変えて混ぜ合わせることで、あらゆる色を表現出来る3つの基本的な色のこと。光の三原色は、RED(赤)、GREEN(緑)、BLUE(青)であり、全てを混ぜ合わせると白(本当は透明)になる。また、イン …

2018/06/01

サムネイル

画像やページのイメージ等を、小さいサイズで一覧表示する機能のこと。また、その画像を指す。thumbnailは親指の爪という意味。本来は、小さなアイデアスケッチなどを指す言葉。業界的には、サムネなどと略 …

2018/04/07

レバテッククリエイターさんでこのブログが紹介されました

昨年末くらいにレバテッククリエイターというweb、ゲーム業界のクリエイター向けの求人サイトのブログで、このブログが紹介されました。ということでご紹介させていただきます。 レバテッククリエイターさんの取 …

2018/04/03

地域ポータルサイトを作ろう 第3回

前回地域ポータルサイトを作ろう 第2回からさらに1ヶ月以上が経ちました。 現状は、mottokasukabe.comで確認できます。 本業のデザイン仕事で、現在とある酒蔵のホームページリニューアルがか …

クリックしていただけると助かります


デザイナーランキングへ にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。