DTP Photoshop デザイン

簡単!Photoshopで太陽を作る方法

投稿日:

Pocket

猛暑が続くので、それにちなんで太陽のネタを書こうと思います。

以外と知らない!?Photoshopで太陽の作り方

晴れた写真を撮ると太陽の光が強すぎて、青空だったはずが、空が真っ白に飛んでしまうこと、よくありますね。

そんな時は、あえて太陽ない方角にファインダーを向けて空を撮影しましょう。太陽は、後から合成で入れればいいんです。

また、こんな場合もあります。もう曇っててどうしようもない。でも今日しか撮影できない。そんな時は、とりあえず空は気にせず撮影してしまいましょう。空は、素材などを後から合成できます。そして、肝心の太陽も後から自然に作ることが出来ます。

Photoshopの逆光機能

Photoshopには、かなり昔から逆光って機能が搭載されています。あっ、ちなみに逆光というのは、前述の通り太陽をファインダーに収めて撮影した場合のことを言います。

昔の銀塩(フィルム)のカメラの場合、露出の自動調整機能などはありませんので、被写体の背景に太陽がある場合、背後に強い光源がある場合、その影になってしまう被写体の顔などは真っ暗になってしまいます。極端な例を出すと、月食で月が暗くになるのを想像してもらえればわかりやすいかと思います。

こんな状態で撮影することを、逆光と言います。写真撮影のセオリーとしては、基本的にはありえない状況です。

しかし、人間の目ってすごいんです。

そんな逆光の状態でも、太陽、青空、被写体の顔、その全てが綺麗に見えているんですね。このPhotoshopの逆光機能は、逆光状況での人の見た感じを再現してしまおうって機能なんですね。

ちなみに、最近の技術の進歩は目覚ましいです。デジカメやスマートフォンのカメラには、この逆光状況でも綺麗に写る逆光補正機能なるものも存在しています。

 

太陽を背にした被写体を撮影する場合、前述の月食と違い完全には重なっていません。真後ろというよりは、どちらかと言えば真上に近いです。しかし、後方な事は間違いありません。そして、原則的に光は回り込むのです。皆既月食の場合も、回り込んだ太陽の光のうち、赤い色が強く回り込む為、真っ赤な月に見えます。

このケースとは少々違いますが、写真撮影の場合は、光が被写体の前まで入り込む場合があります。光は直進するので被写体の前にまでとどいているのです。

そしてカメラで撮影する場合は、奇妙な現象が起きます。肉眼では見えてない謎の光の玉や幾何学的な形をした光が被写体の前に写りこみます。

この現象をフレアやフレアゴーストと呼びます。これは、太陽光がカメラのレンズにまで届いてしまい、レンズの中で反射することにより発生するようです。

そうです。Photoshopの逆光機能というのは、このフレアやフレアゴーストを再現する昨日なんです。このフレアやフレアゴーストが入ると、より一層眩しい気になります。

詰まるところ、ものすごく晴れた太陽の光を感じる画を作ることが出来る機能という事ですね。太陽そのものもちゃんと作成されますのでご安心を。

 

逆光機能の使い方

さて、ここからが本台になります。では、実際に逆光の使い方を説明していきます。

ポイント

1.逆光機能のポイントとして、RGBモードでしか効果がかけらないです。

2.一度かけたら二度と元には戻れません。必ず、元画像を複製してから行いましょう。

3.適用出来るのは、統合した画像にのみです。回避方法もありますので、後ほど解説いたします。

 

まずは、簡単な太陽とフレアの作り方からいきましょう。手始めに、太陽の入っていない青空の画像を用意してみましょう。

スポンサーリンク

青空の画像をPhotoshopで開きます。

編集→モード→RGBに変換(RGBであればそのままで良いです。)

レイヤーパレットを開き、レイヤーを複製します。(前述の通り、1度適用してしまうと戻れないので、念の為複製しておきます。)

※添付の画像は複製しないで進めています。

画像を開いたら、フィルター→描画→逆光を選択します。すると、逆光フィルターの設定画面が現れます。

明るさのスライダーで光の大きさを調整します。

レンズの種類を変えると、フレアの形や太陽の光り方を変える事も出来ます。思い描く見た目になったらOKをクリックしましょう。

すると太陽とフレアゴーストが合成されました。

こんな感じでリアルな太陽を作ることが出来ました。画像はレイヤーではなく、空の画像と一体化してしまうので要注意です。

レイヤーを分けて作成するやり方は、後日追記しようと思います。

ちなみに、本日未明に日本でなんと皆既日食が見れるみたいです。すごいタイミングですね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-DTP, Photoshop, デザイン
-

執筆者:


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

webデザイン

webデザインに必要な環境

webデザインをする為に必要な環境って!? デザインやDTPに必要な環境について以前お伝えしました。最近はwebの案件が多く、自身もこうしてブログやサイトを運営しています。そんな中で、webデザインを …

no image

クリエイターとして観るべきアニメpart1

以前、出来るデザイナーになる為の心得でも触れたのですが、とにかく沢山の作品(特に人気且つメジャーな作品)に触れて、世界観を構築する能力や引出し、語彙を増やす事は重要であると書きまさした。そこで、まずは …

仮想ボディ

日本語の文字全体がぴったりと収まる正方形の枠よりひとまわり大きな正方形の領域のこと。ボディというのは、もともと活字で、文字が彫られている正方形の面のことを意味しているが、写植やデジタルフォントでは実態 …

DTP画像

ちゃんと出来てますか?データフィニッシュのやり方

  グラフィックデザイナーにとって、必要不可欠なスキルの一つにデータフィニッシュがあります。言葉自体を知らない人はまずは調べてください。読んで字のごとく、印刷物を作る為のデータを完璧に仕上げ …

インクジェットプリンタ

細いノズルからカラーインクを紙に吹き付けて印刷を行う方式のプリンターのこと。比較的低価格ながら近年ではクオリティも向上しており、コンシューマー向けの製品でも、専用紙を使えば本物の写真に近い品質のカラー …

2018/07/30

オリジナルTシャツを簡単に作れるTシャツトリニティ

気軽にTシャツを作りたい!そんな思いを簡単に実現出来てしまうサイトがあります。 Tシャツトリニティ Tシャツトリニティ このTシャツトリニティは、パソコンやスマートフォンからでも画像を用意するだけで簡 …

2018/07/27

簡単!Photoshopで太陽を作る方法

猛暑が続くので、それにちなんで太陽のネタを書こうと思います。 以外と知らない!?Photoshopで太陽の作り方 晴れた写真を撮ると太陽の光が強すぎて、青空だったはずが、空が真っ白に飛んでしまうこと、 …

2018/07/20

ウォータープルーフ対応Bluetoothスピーカー JBL FLIP4を買ってみました

毎日、猛暑日が続きますね!そんな夏本番を楽しくする、便利なガジェットをご紹介します! どんなシーンでも使える便利なBluetoothスピーカー JBL FLIP4です。 ちなみに、なにかと話題のスマー …

2018/06/24

35mm版(さんじゅうごみりばん)

一般的なロールタイプの写真フィルムサイズ。35mmフィルムがかつてライカに採用され全世界に広まったことから、このサイズのフォーマット(縦3.6 cm×横2.4 cm)をライカ版と呼ぶこともある。1カッ …

2018/06/24

三原色(さんげんしょく)

割合を変えて混ぜ合わせることで、あらゆる色を表現出来る3つの基本的な色のこと。光の三原色は、RED(赤)、GREEN(緑)、BLUE(青)であり、全てを混ぜ合わせると白(本当は透明)になる。また、イン …

クリックしていただけると助かります


デザイナーランキングへ にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。