DTP Illustrator InDesign デザイン

IllustratorとInDesignの違いって?

Pocket

初歩的な話になりますが、デザインをする時にIllustratorとInDesignどちらを使用してますか?ホントに初歩的過ぎて知ってますって方はcommand+Wをしてください(笑)

ここ最近、ページモノの仕事が増えてInDesignを使う機会が増えたのですが、デザイナーの中にInDesignを使えないクセにデカイ顔しているヤツがいるので、あれっ?と思い、題材にしてみました。

私の時代はQuarkXPressだったのですが、会社に入社する為の条件が、QuarkXPressを使用出来る事でした。しかし、大学時代に他所のゼミ室で触ったくらいでしかなく、ましてや1本30万円のアプリケーションを新卒の人間が買うことも出来ませんでした。それでも最終選考に残った私は、『体験版でみっちり勉強してきます!』という発言をし、実際に書店で4000円もするQuarkXPressの体験版CD付きの書籍を買ったのでした。

何が言いたいかと言うと、一昔前はデザイナーと言ったら、QuarkXPressを含めたIllustratorとPhotoshopの三種の神器を使える事が当たり前であったのに、InDesignに変わってからなのか、ページレイアウトソフトを使えないデザイナーが増えているという悲しい事態になってきている気がしたので、なんでだろうと疑問に思ったのです。

採用面接をしていると、Illustrator、Photoshopは使えます(大体の場合はほぼ使えないのですが。)って言い切る人が多いです。でもってInDesignはと言うと、勉強中ですとか自信はありません。という答えが返って来ます。

それから3~4年経って覚えたか聞いたところ、使う機会がないので覚えてないとの返答が。アプリケーションのお勉強は自主的にやりましょう。

話を最初にもどします。

IllustratorとInDesignの使い分けは、ページ数やノンブルや柱の有無、フォーマット化出来るかといった点で判断します。そしてページ数が100ページとかになってくるとさすがにIllustratorではキツイです。仮に柱にタイトルが入っていたと仮定して、土壇場でタイトルが変更になった場合、100ページ分のファイルを開いては修正し保存して、更に校正紙を出力しなければなりません。これでは作る方も、校閲する方も大変です。そこでInDesignの本領発揮となる理由(わけ)です。InDesignであればマスターに登録している柱箇所を一箇所変えるだけで終了になります。ですので非常に効率良く、ページを作成する事が出来ます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で