webデザイン wordpress

ドメインを更新し忘れたら、大変なことになった件

Pocket

突然ですがみなさんドメインは利用していますか?
このd-tips.jpもドメインを利用してサイトを運用しています。

ドメインとはインターネット上の表札のようなモノで、ドメインを登録することで、例えばd-tips.jpと入力するだけで簡単にサイトにアクセス出来るようになる便利なものです。ホスティングサーバーを借りると、サーバードメインが付与されるサーバー会社もあります。その場合、任意で名前を付けることが出来ません。それと比較して、独自に任意の名前を付けたドメインの事を、独自ドメインと呼ばれます。

ドメインには色々と種類が存在していますが、「.com」「.jp」「.co.jp」「.org」など、用途や法人の登記の有無などにの種類よって使い分けがされています。更には、漢字やカタカナなども利用出来るサービスもありますが、世界的なシェアを考えると英語にしておく方が無難ですね。

ドメインを登録するのには、有名な『お名前.com』などのドメイン管理会社からドメインを発行、登録、管理を行います。

まずは、取得しようとしているドメイン名が現在利用されていないかを調べます。

『お名前.com』のサイトのトップには、この取得できるかの有無を調べる為の検索フォームがあります。

まずは、この検索フォームに取得したいドメイン名を英語またはローマ字などのアルファベットで入力します。

入力後、検索ボタンをクリックします。
すると、取得出来るドメインの種類が一覧で表示されます。

.com 760円、.jp 1,160円、.net 660円、.biz 99円、.info 260円、.work 1円など、実はドメインは、種類によって、値段がマチマチです。ドメインの料金は、需要と供給によって変動します。更にドメイン名そのものも大きな価値を持っています。

ドメインは、一度取得してしまうと、二度と同じものは取得できません。ですので、取得したドメインが、後から喉から手が出る欲しいと大企業が言い出した場合などは、高額な金額で権利を取引するなんて事もあります。

上記の写真を見ると、d-tipsの場合、d-tips.jpはメールマークが着いていますね。この場合、もう既に使われてしまっているので、もしも利用者が利用を停止した場合にメールで連絡をしますよという事になります。

d-tips.workは、逆に1円から取得可能ですね。「え?1円?」て思う方もいたかも知れません。しかし、これはあくまでも初年度の料金です。購入しようとして、契約年を2年を選択すると、991円と表示されます。つまり、このドメインの金額は、990円という事になります。

注意しなけれいけない点は、初回が格安なのに2年目以降が鬼のような高額のドメインが存在するという事です。

.jpは、汎用JPドメインと言って、組織・個人を問わずに日本に住所があれば誰でも登録できるものになります。

大抵この汎用JPであれば月額2,800円(税抜)程度になります。当サイトも、私が日本国内に在住の為、これに該当します。

その他のドメインの料金はこちらに掲載されています。

ドメインの料金

 

さて、ではタイトルにある通り、私は先日大失敗をしてしまいました。ドメインは、一度取得すると二度と取得出来ないと言いましたが、取得した人が解約した場合は別になります。約1ヶ月の期間を開けて、新たな人物が取得する事が可能になります。

で、一体何をやらかしたのかと言えば、ドメインの更新を自動にしていなかった為、料金の支払い期限を見誤って、支払い期限を過ぎてしまったのです。

ホスティングサーバーなどの場合は、多少過ぎてしまっても、直ぐに入金すれば復旧するので、そんな感覚でいたのが大間違いでした。

ドメインは、速停止され、ページへのアクセスが完全に不可能になってしまったのです。

そのまま更新していれば、3,000円程度で済んだモノが、1度停止したドメインは、復旧の為の手続きを踏まなければならなくなってしまいます。

先程述べた1ヶ月間は、新たに取得する事も出来ない状態に突入してしまうのです。その間は、ホームページもNotFoundになってしまい、更にはそのせいで、Googleの検索順位すら下がってしまう自体になります。

上記の様に19日間は、復旧猶予期間になっています。この間だけ、は再取得する事が出来るのですが、復旧に掛かった金額は、7,819円でした。

更には、もちろん更新料は別に掛かります。

この金額払うなら、3年分の料金払えたじゃんて事になってしまいました。

皆さん、くれぐれもドメインの更新はお早めに!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で