DTP Photoshop 印刷

ヤバい解像度がどうしても足りないって場合の対処法

Pocket

タイトル通り、今回は解像度が足りない場合のお話です。みなさんの中には、解像度は350dpi必要だよ!って教わったものの、なぜ350dpiなのかも知らないって方もいるかと思います。この話は、以前このブログで取り上げたので、今回はその話は端折って進めて行きます。何故だか分からない方、知りたい方は、なんで350dpiなの?線数とかdpiとか分からない人が多すぎるなんで350dpiなの?線数とかdpiとか分からない人が多すぎるをご参照ください。

 

デザインで解像度は杓子定規ではダメ

実効解像度350dpiって話だけがインプットされ過ぎていて、「解像度が足りません」って騒ぎ立てるのは、正直言ってナンセンスです。先ずは、見た目で判断しましょう。見た目とは、読んで字のごとく、目で見て綺麗に見えるか、そうでないかの二択です。

 

実際に小さめの画像であればあるほど、そこまでの解像度はいりません。200dpiでも150dpiでも見た目的にはたいして変わりません。しかしながら、大きい画像だと細部まで見えてくる手前、影響が出て来ます。ましてや、印刷ではなく大きな壁面に使うグラフィックなどの場合は、かなり違いが出て来ます。

どうしても画像の解像度が足りない。そんなときは先ずは画像のリサイズをしてみましょう。

画像のリサイズの仕方

画像のリサイズはとても簡単です。Photoshopで画像を開きます。編集→解像度で解像度のウインドウを開きましょう。

例えば300px×300pxの場合、「画像の再サンプル」にチェックを入れた状態で、600px×600pxにしてOKをクリックします。すると、実質解像度を2倍にする事が可能になります。

但し、ここで重要な事は、解像度は倍になったけど、画像自体の綺麗さは倍にはなりません。元々が荒ければ荒いほど、倍にするよりも3倍にした場合の方が荒くなります。倍率に対して比例して荒くなります。逆に元画像の解像度が高ければ高いほど、この荒くなるのを回避する事ができます。

 

ポジフィルムの時代の話

デジタルカメラの性能が良くなるまでは、画像はポジフィルムをスキャンして使用してました。この時代の主流であった35mmのポジフィルムで、だいたい1000万画素から1500万画素程度あったようです。対してデジタルカメラは高価な一眼レフでも300万画素から600万画素でした。約15年前~20年も前の話ですが。

ですので、ポジフィルムを高性能なスキャナーでスキャンしてデータにしていました。更に大きくしたい場合(巨大な壁面グラフィックなどに使用する場合)は、データ化したモノを大きな印画紙などに出力してから、再度スキャンするなどして、巨大な出力にも耐えられるデータを作成していました。

デジタルデータの場合

これと同じ事をある程度大きなデジタルデータで試してみたところ、結論から言うと、先程述べた様な解像度の「画像の再サンプル」にチェックを入れて解像度を上げる方が断然綺麗だったと言うことです。つまり、元画像が綺麗であれば、ムリムリ解像度をあげるだけで、巨大壁面にも耐えうるデータを作成する事が出来ます。

現在は、デジタルカメラの画素数は3000万画素以上あるものも多く、元の画像(RAWデータなど)さえあれば「画像の再サンプル」だけで全てOKです。

更には、巨大な壁面グラフィックなどの場合は、オフセット印刷とは違い、実効解像度は100dpiで大丈夫です。何故かというと、壁面グラフィックの場合は、印刷物と違い見る距離がある程度離れているからです。距離にしたら1m以上は離れて見るでしょうね。つまり、その距離分の解像度は反比例して良いということになります。

ホントにって思う方は、是非一度実際に試してみてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください