DTP用語集 印刷

イメージセッタ

投稿日:2017年4月21日 更新日:

Pocket

ページレイアウトソフトなどで作成したデータから、製版のためのフィルムや印画紙を出力する装置。通常、PostScript RIPが接続されており、ラスタライズされたイメージデータを1,200~4,000dpi程度の高い解像度で出力する。

スポンサーリンク

イメージセッターの基本的な仕組みは、PostScript対応のレーザープリンタなどと同じである。また、レーザープリンタがトナーと呼ばれる粉末状のインクを用紙に定着させるのに対し、イメージセッターは印画紙やフィルムを感光させる点で異なる。
イメージセッターで行われる製版工程はCTP(Computer To Plate)と呼ばれている。従来の印刷工程では、組版、製版、面付、刷版、印刷という流れが一般的であったが、最近ではCTPが一般的である。CTPの場合刷版という印刷するためのプレートを直接出力できるようになった。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-DTP用語集, 印刷
-

執筆者:


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

DTP画像

ちゃんと出来てますか?データフィニッシュのやり方

  グラフィックデザイナーにとって、必要不可欠なスキルの一つにデータフィニッシュがあります。言葉自体を知らない人はまずは調べてください。読んで字のごとく、印刷物を作る為のデータを完璧に仕上げ …

インクジェットプリンタ

細いノズルからカラーインクを紙に吹き付けて印刷を行う方式のプリンターのこと。比較的低価格ながら近年ではクオリティも向上しており、コンシューマー向けの製品でも、専用紙を使えば本物の写真に近い品質のカラー …

ゲラ

校正紙のことをゲラと呼ぶ。DTPでは、編集・校正段階では、通常はレイアウトデータをPostScriptプリンターなどで出力したものをゲラとして使用する。 スポンサーリンク 活字組版(活版)では組み上げ …

ガモット

色の再現範囲のこと。通常はモニタやプリンタの表現可能な色の範囲を意味する。 スポンサーリンク 関連

階調(かいちょう)

画像の最も明るい(薄い)部分から最も暗い(濃い)部分までの変化の段階の事。例えば、白と黒だけなら2階調であり、一般的なコンピュータでは256階調(8ビット)まで扱う事ができる。RGBの各色についてそれ …

サイト内検索

クリックしていただけると助かります


デザイナーランキングへ にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

2018/07/30

オリジナルTシャツを簡単に作れるTシャツトリニティ

気軽にTシャツを作りたい!そんな思いを簡単に実現出来てしまうサイトがあります。 Tシャツトリニティ Tシャツトリニティ このTシャツトリニティは、パソコンやスマートフォンからでも画像を用意するだけで簡 …

2018/07/27

簡単!Photoshopで太陽を作る方法

猛暑が続くので、それにちなんで太陽のネタを書こうと思います。 以外と知らない!?Photoshopで太陽の作り方 晴れた写真を撮ると太陽の光が強すぎて、青空だったはずが、空が真っ白に飛んでしまうこと、 …

2018/07/20

ウォータープルーフ対応Bluetoothスピーカー JBL FLIP4を買ってみました

毎日、猛暑日が続きますね!そんな夏本番を楽しくする、便利なガジェットをご紹介します! どんなシーンでも使える便利なBluetoothスピーカー JBL FLIP4です。 ちなみに、なにかと話題のスマー …

2018/06/24

35mm版(さんじゅうごみりばん)

一般的なロールタイプの写真フィルムサイズ。35mmフィルムがかつてライカに採用され全世界に広まったことから、このサイズのフォーマット(縦3.6 cm×横2.4 cm)をライカ版と呼ぶこともある。1カッ …

2018/06/24

三原色(さんげんしょく)

割合を変えて混ぜ合わせることで、あらゆる色を表現出来る3つの基本的な色のこと。光の三原色は、RED(赤)、GREEN(緑)、BLUE(青)であり、全てを混ぜ合わせると白(本当は透明)になる。また、イン …

スポンサーリンク