DTP DTP用語集

色温度(いろおんど)

投稿日:2017年4月21日 更新日:

Pocket

黒体から放射される光のスペクトル分布は、温度が高くなるにつれて、暗い赤から青白へと段階的に変化する。色の変化をこのような物体の温度と関連づけた指標が色温度であり、ケルビン(K)という単位で表される。最近のパソコン用モニタでは色温度の切り替えが出来るようになっているものが多く、DTPの作業では主に6,500Kや5,000Kが使われる。6,500Kは、モニタ上では若干黄色味がかって見えるが、実際の印刷物や紙の色に近いといわれ、DTPでは昔から使用されている。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-DTP, DTP用語集
-

執筆者:


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

Mac Book Pro 2016をスマートにしたい

USB-C(Thunderbolt3)の登場でMacBookPro2016はかなり薄く軽くなりました。しかし、先にも書いたように周辺機器への接続でコードやハブだらけ。Appleさんから、純正のスーパー …

no image

クリッピングパス

Photoshopのパスの機能。画像の切り抜きを指定するための輪郭線のこと。Adobe Photoshopでは、ベジェ曲線でパスを作成し、切り抜く範囲を指定する事が出来る。このデータをPSDやEPS形 …

コントラスト

モニターや画像データの明暗比のこと。明暗の差が大きいことを「コントラストが強い」といい、メリハリの効いた見え方になる。デザインにおいてもこの明度対比は重要で、カラーだと一見分かりにくいが、モノクロにし …

出来るデザイナーになる為の心得7つ

いまいちデザインが出来ないってひとはたくさんいますよね。デザイナーとしてちゃんとしたデザインが出来るようになる心得を書いて行きます。 1.アプリケーションの操作を完璧に これは言うまでもなく、技術力の …

コンテンツ

出版用語としては「目次」を表す言葉。英語の意味としてもcontentsとして複数形で書くと「目次」の意味になる。近年では、webサイトなどに掲載されている「内容」を意味する事が多くなっている。しかし、 …

2018/06/24

35mm版(さんじゅうごみりばん)

一般的なロールタイプの写真フィルムサイズ。35mmフィルムがかつてライカに採用され全世界に広まったことから、このサイズのフォーマット(縦3.6 cm×横2.4 cm)をライカ版と呼ぶこともある。1カッ …

2018/06/24

三原色(さんげんしょく)

割合を変えて混ぜ合わせることで、あらゆる色を表現出来る3つの基本的な色のこと。光の三原色は、RED(赤)、GREEN(緑)、BLUE(青)であり、全てを混ぜ合わせると白(本当は透明)になる。また、イン …

2018/06/01

サムネイル

画像やページのイメージ等を、小さいサイズで一覧表示する機能のこと。また、その画像を指す。thumbnailは親指の爪という意味。本来は、小さなアイデアスケッチなどを指す言葉。業界的には、サムネなどと略 …

2018/04/07

レバテッククリエイターさんでこのブログが紹介されました

昨年末くらいにレバテッククリエイターというweb、ゲーム業界のクリエイター向けの求人サイトのブログで、このブログが紹介されました。ということでご紹介させていただきます。 レバテッククリエイターさんの取 …

2018/04/03

地域ポータルサイトを作ろう 第3回

前回地域ポータルサイトを作ろう 第2回からさらに1ヶ月以上が経ちました。 現状は、mottokasukabe.comで確認できます。 本業のデザイン仕事で、現在とある酒蔵のホームページリニューアルがか …

クリックしていただけると助かります


デザイナーランキングへ にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。