DTP用語集 Photoshop

色分解(いろぶんかい)

Pocket

カラーのイメージを、それを構成している色の要素に分ける事。オフセット印刷では、通常CMYKの4色それぞれの版を作るため、オリジナルのイメージをこの4つの色に分解する必要がある。特色(スポットカラー)を使用している場合には、さらに版の数も増える事になる。デジタル化された現在ではデジタルカメラで撮影したRGBデータをアプリケーション(Photoshopなど)を使ってCMYKデータに変換することを色分解と呼ぶ。カメラマンはこの処理を現像と呼ぶことが多い。 CTPでは色分解されたイメージをそれぞれの色ごとに刷版を出力し、印刷工程へとまわされる。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で