webデザイン wordpress プラグイン

WP USER FRONTENDが保存できない場合

Pocket

ポータルサイトを作成する為に、WP USER FRONTENDというプラグインを利用する事にしたのですが、思わねトラブルに見舞われてしまったので、備忘録的に記事にしようと思います。

WP USER FRONTEND

今回、このWP USER FRONTENDというプラグインを入れて、ポータルサイトを作成すれば、かなりの部分が楽になると考えて、WP USER FRONTENDの有料版を入れてみました。

しかし、せっかくプロ版を購入したにも関わらず、思わぬトラブルが発生してしまいました。

この記事にたどり着いた方は少なからずいるとは思いますが、このWP USER FRONTENDというプラグインは、そもそもログインしているユーザーにたいして、管理画面を見せずに投稿を可能にするという、ポータルサイトや会員サイトを作成する為には願ったり叶ったりのプラグインなのです。

このプラグインは、通常であれば、管理画面から記入する項目をフォームというかたちでフロントエンドに表示し、そのフォームに記入して送信する事で、投稿や固定ページに自動で入力されるというスグレモノです。ユーザーに管理画面を見せないという事はユーザビリティ的にも優れているので、やり方によっては、会員系サイトやポータルサイトなどを簡単に作成することが可能になります。

プラグインの使い方としては、プラグイン側でフォームを作成し、投稿や固定ページの内容と紐付けていくという簡単な作業になります。素晴らしい点としては、advanced custom fieldというカスタムフィールドを簡単に作成出来るプラグインとも連携が取れる点です。カスタムフィールドのフィールド名を英語で記入し、そのフィールド名を渡すだけで簡単に紐付けが可能になります。

しかし、この連携機能は1部制限があり、フルで連携する為には有料版を利用しなければいけません。

そして、今回のトラブルの症状としては、このプラグインのフォーム作成画面において、フォームが一切保存出来なくなるというものでした。

最初は、プロ版の不具合かとも思いましたが、テストサイト上では普通に保存が出来ていました。

プラグインのコンフリクトを疑ったり、プラグインの再インストールをしてみたけれど、まるでダメでした。

そこで、諦めかけていた矢先に、普通に保存出来るのと出来ない場合の違いを探そうと思い立ちました。

そして色々試したがまるでダメでしたが、結果としては、ある大きな違いにたどり着いたのです。

それから、保存が普通に出来るサイトはcoreserverを利用していて、ダメなサイトはロリポップサーバーを使用している事に気が付きました。

そうしたら、見えてきたのがサーバーの違いです。そうなってくると、答えを導き出すのは容易でした。

つまり、問題なのはサーバー側の何かであると言う点。

そう考えた時に思い浮かんだのは、ロリポップサーバーで通常時ONになっているWAFというファイアーウォールの設定があるという事でした。このWAF、セキュリティ的には良いのですが、wordpressのプラグイン関連でちょいちょい悪さをしてしまいます。

そして、サーバー側の設定でWAFの設定を無効に。すると、、

BiNGO!でした!

正にこのセキュリティで引っかかっていただけでした。webで検索しても全くもって記事や情報が無くて困っていましたが、経験と感でなんとかクリア出来ました。

ロリポップサーバーを利用している方は、何かトラブルがあった場合、このWAFというファイアーウォールの設定を疑ってみてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください